改正動物愛護管理法

改正動物愛護管理法

2013年9月1日より、動物の愛護および管理に関する一部の法律が改正され施行されることになりました。

これは、一般の飼い主様から販売業者、ブリーダーさんまで関係のあることです。

・幼齢の犬猫の販売規制
激変緩和措置として今後3年間(H28.8/31まで)は生後45日、それ以降は段階的に延長され49日、56日(56日への変更は5年以内)経過していないと販売禁止になります。もちろん販売のための展示・引渡しも禁止です。
理由と致しましては、早期に親犬や兄妹犬と離すことで吠え癖・噛み癖等の問題行動を起こす可能性が高まるとされているようです。

・終生飼養の徹底
所有者としての責務として、命を全うするまで適切に飼養する。
これは利根リバーサイド設立当初からお願い致しております終生飼育のお約束ですが、ようやっと国の決まり事にもなりました。ただ、生き物を飼うにあたり・一緒に生活するにあたり当然のことですが、当然のことが法律になるということは悲しいことに守られていない現実が多々あるからなのです。
それに合わせて、都道府県の各自治体は犬猫を相応の理由が無い限り、引取りを拒否できるようになりました。
高齢化や病気・同じ飼い主が何度も持ち込む・新たな飼い主を探す努力もしていない・飼育放棄これらは言語道断ですので安易な思い付きではなく、飼いたい犬種の特性や習性・飼育方法や飼育環境を考慮したうえで飼わなくてはいけませんね。どんな犬種が自分に合うの??などのご相談には全力でお応えさせて頂きます。
また、虐待や遺棄による罰則の強化がされ100万円~200万円以下の罰金が科されることも。
同じ命ある生き物です。断じて許される行為ではありません。

・ネット販売の規制
ネット上でのペット販売で「写真と実物が違う」という苦情が出ているため、販売者は購入希望者に現状確認を直接してもらい、対面での現状報告・飼育説明をする。
利根リバーサイドは遠方のお客様にも安心して頂けるよういろいろと努力してまいりましたが、今後は遠方のお客様も是非ご旅行気分で犬舎へご見学にお越し頂ければと思います。尚、上記の手順を踏んで子犬購入をお決め頂ければ、お引渡しは従来通り空輸等でも出来ます。運送会社様のご協力もあり、今現在まで運送による事故等はありません。

上記のように、動物の愛護および管理に関する一部の法律が改正され施行されることになりましたが、我々利根リバーサイドはもちろんワンちゃん(犬)を飼われる皆様もマナーやモラルや法を尊守・遵守し、より良いワンちゃんとの共存・ワンちゃんのいる生活を楽しみましょう!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tone-rs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8624

コメントを投稿

RSS