犬のグルーミング

コチラは自分でグルーミング・トリミングにチャレンジしようとしているアナタを応援します!爪きり、耳掃除の仕方、ちょっとしたカットの仕方、歯磨きの仕方を簡単にですが、ご紹介したいと思います★

3j.gif犬の爪きり
犬の爪は人間の爪と同じように伸びていくものです!月に1回、あるいは気になったら切ってあげる必要があります!!ただし、外で飼われている犬や、散歩でコンクリートの上をよく歩く場合は爪が削られて伸びが遅くなります。場合によっては爪を切らなくても丁度良い長さでキープされています!(よ~く観察してみましょう)犬の爪きりは犬専用の爪きりがありますので、これを使いましょう!(人間用のでも切れますが犬猫用の方が使いやすいです。)
犬の爪は白い爪と黒い爪があり、白いのは血管が見えるのでどこまで切ってよいかわかります!(良く見ると爪の中にピンク色の血管が見えます!ココを切ってしまうと出血してしまうので要注意してください!!)
次に、黒い爪は血管が見えないので、慎重に切ってください!こればっかりは経験と多少の器用さがいるかも知れません!爪きりの際に出血させてしまうのはよくあることです!家で切るときは事前にペットショップで止血剤を買っておきましょう!(大体1,000~2,000円で売っています)

無理やり押さえつけてまで爪を切る・出血ばかりさせてしまう・痛い思いをさせてしまう。。などなど、こういうことが頻繁に続くと爪きりを持った瞬間に逃げてしまう犬になってしまいます!爪きりが終わると良いことがあるって事を学ばせたり、子犬のうちから習慣付けておくと比較的簡単に切らせてくれるようになります★
 

3j.gif犬の耳掃除
耳も手入れをしないと、臭いや皮膚病など病気の原因になるので定期的なケアが必要です!トリマーさんは耳掃除にはカンシというハサミ型の毛抜きを使います。これで耳の中のムダ毛を抜いたり、コットンを巻いて汚れをふき取ります。(市販の犬用イヤークリーナーをつけて拭くとよりキレイになります!)カンシはペットショップにないことも多いので、そういう時は家庭にあるめん棒でも全然OKです!
耳に入れてから力を入れすぎたり、グリグリしすぎると炎症を起こして逆効果になりますので注意して下さい!嫌な思いをさせてばかりいると爪きり同様に掃除グッズを持っただけで逃げてしまいます!!
特にたれ耳の犬は、蒸れやすく耳の中が汚れやすいです!!

ラブラドールレトリバー  トイプードル  ミニチュアダックス  バセットハウンド  などなど。。

3j.gif犬の被毛カット
(1)犬の足の裏
肉球の間、まわりの毛が伸びると、犬が床などですべってしまう危険(関節を痛めたり事故の原因)や汚れやすくなるので、定期的にカットしなければなりません!!小さい頃から足を触られる事に慣らしておくと切りやすいです!
(2)犬の肛門の周り
特に汚れやすい部分なので、短くカットしておくと汚れがつきにくく臭い防止にもなります。しっぽのつけ根辺りまでカットしておくと更に排泄のときの汚れが防げます。ただ、バランスを考えないでカットをすると、犬の見かけが悪くなってしまいます・・・・・。

3j.gif犬の歯磨き

犬の歯も人間と同じように歯垢・歯石がたまります。犬の歯磨きは、犬用歯磨きセット、子供用のハブラシを使う方法と、歯磨き用のガーゼを使う方法が一般的です。犬は嗅覚が優れているので、香りや刺激が強い歯磨き粉を嫌いますので歯磨き粉をつけなくてもいいと思います!
歯石がガッツり付いてしまうと、自分では対処しきれないので獣医さんにお願いし麻酔をかけて取るケースもあります!犬にも負担になります!週一くらいでしてあげましょう★