犬に与えてはダメ

以下のものは、犬に食べさせてはいけません。危険です!!人間用の加工食品やレトルト食品の中には、これらの食品が含まれている場合がありますので要注意!基本的には、人間用に調理された食品は、犬には与えない方が確実です!

3j.gif玉ネギ、長ネギ、ニラなどネギ類・ニラ
ネギ類には、犬の赤血球を破壊する物質が含まれているので、食べると貧血などの症状を起こします。
ハンバーグなど、調理の過程でネギ類が含まれているものも、ネギのエキスが入っているものは与えてはいけません。スキヤキの煮汁などでも症状を起こすことがあります!

3j.gifスパイス類、味付けの濃い食べ物

カレーや焼きそばなど、人間は美味しいと思っても、犬にとっては刺激が強すぎます!基本的に犬に与える食物には味付けはしないでください。特に塩分と糖分のとりすぎには注意が必要です。塩分の摂りすぎは腎臓に負担をかけ、糖分の摂りすぎは肥満の原因になります!人間と一緒です。

3j.gif生卵

生卵を与えるとビタミンBの吸収を妨げるため、ビタミンB欠乏症になります。症状はグルグル徘徊する、後足の硬直、麻痺などです。

3j.gif生の動物肉、魚介類

生肉は、特に鳥や豚、トキソプラズマなど寄生虫の問題がありますので注意が必要です。肉は火を通しましょう。湯通しがオススメです!また、ビタミン破壊物質が多く含まれるので、生卵白やハマグリ、アサリ、フナ、コイなどは生で与えてはいけません。

3j.gifチョコレート

チョコレートの原材料であるカカオ豆には、犬に有害な成分(テオブロミン)が含まれています。動悸や血管の収縮などの原因となりますので、与えないでください。特に小型犬には注意が必要です。

3j.gifコーヒー、紅茶など

コーヒーや紅茶などに含まれているカフェインには興奮作用があります。カフェイン中毒になります。犬の体はカフェインを分解することができないので、与えないでください。最近では抗菌作用のあるカテキンやポルフェノールが含まれることから緑茶が注目されていますが、緑茶にも意外とカフェインが多く含まれていますので、注意が必要です。

3j.gifお菓子

甘いお菓子は糖分の取りすぎによる肥満や糖尿病の原因になります。おせんべいなども塩分過多になりますし、スナック菓子は油分が多いのでカロリーの過剰摂取になります。お菓子類も、与えないようにしましょう。

3j.gif固くて、消化の悪いもの

タコ、イカ、貝類などは消化が悪く、消化不良から下痢をすることが多いので、与えないでください。また、とうもろこしの芯は消化されず、胃や腸などに詰まってしまい、腸閉塞の原因となります。最悪の場合、死に至るケースもありますので、丸のままのとうもろこしを与えるのはやめましょう。

3j.gif熱いもの

犬もネコ舌で、熱いものが苦手です。無理に食べようとして、口の中や喉を火傷する場合がありますので、犬用に調理したものは、冷まして与えるようにしましょう。生温かいのは O,K,です!