犬の妊娠

犬の妊娠期間は平均で63日くらいといわれます!人間のように10ヶ月くらいではなくて、犬の妊娠期間は2ヶ月くらいと短いです。多少早まったり、遅くなったりすることもあるには人間同様です!遅くなる場合、帝王切開をすることもあります。また、頭の大きな犬種などは帝王切開をすることが多いです!

3j.gif犬の妊娠

妊娠前期
外見からは、まだ判断できません。交配後2週間くらいで人間でいう“つわり”のような症状(食欲がなくなる、食事にムラがでる)見せることがありますが、数日(2,3日くらい)でおさまります。 この頃はまだ受精卵が子宮に着床していないので、はげしい運動は避けてください。でも散歩はいつもどおりに行ってで構いません。食事に関してもとくに変える必要はまだありません。

妊娠中期
交配後22日前後で受精卵が着床し、安定期に入ります。この頃から、子犬用あるいは妊娠犬用の高カロリーなフードに変えますが、量はまだ増やさないで下さい。 交配後、30日くらいを過ぎたあたりから、量を増やしますが、一気に増やすのではなく、徐々に増やして上げて下さい。あまり量を与えすぎると、胎児がお腹の中で成長しすぎて、自然分娩できなくなるケースもありますから、あくまでも慎重に量を変えていきます。 お腹もそれほど膨らんでいなくて、一番安定している時期なので、体が汚れているようであればこの期間にシャンプーをして下さい。(あまり激しく扱わないで下さい。)
注意しないといけないのは、犬は偽妊娠(想像妊娠)することが多いので、妊娠していないのに食事を増やしたりすると、肥満のもとなりますので、わからないようであれば交配後30日後くらいに獣医さんに行き、まず超音波検査で赤ちゃんが出来ているのかを確定させてから、食事は変えるようにして下さい。

妊娠後期
この頃になるとお腹も一層膨らみおっぱいも大きくなり、外見からも妊娠していることが分かるようになってきますので、高い段差のある場所ののぼりおり等は注意してください。(ダックスのように床からお腹が近い場合、ぶつけやすいので特に注意が必要です。)
出産の準備として、出産時に汚れそうなお腹周り、陰部の周り、そして、子犬が母乳を飲みやすいように、バリカンで毛をカットしておくと汚れにくく便利です。
食事の量は徐々に増やし、最終的には通常の量の2~3割増を、1日2回~4回に分けて与えます。この時期は胎児の成長に伴って、胃が圧迫されるので一度にたくさんのフードを与えると消化しにくくなるので食事の回数を増やします。
交配後50日を過ぎた頃、レントゲン検査を受け、胎児の頭数、大きさ、骨盤の大きさを確認します。もし、骨盤よりも胎児のほうが大きく育ってしまっていると自然分娩できませんので、帝王切開となることがあります。ここで胎児の数の確認をすることで、出産の時に全部胎児が娩出されたかどうかすぐわかりますので獣医さんにて確認することを強くオススメします。
そして、予定日の1週間から10日前には産室となる場所に産箱(ダンボールなど周りを囲める物)を設置し、母犬をその場所に慣らさせます。出産に必要な備品も、その頃までには揃えておき、いつ出産が始まってもいいように準備を整えます。

愛犬の出産は不安もいっぱいですが、それを忘れてしまうくらい感動します★